前へ
次へ

リフォームしたい人に不動産売却を持ちかける

解体工事をする不動産売却も販売戦略として有効です。これは知人の不動産売却で行った内容ですが、土地売却ではなく、古い建物付で不動産売却を進めたい自分にとっては、コンサルタントの販売戦略をしっかり聞く以外に損しない方法がありませんでした。現在、DIYが流行っているので、不動産売却でもそうしたニーズに合わせた販売戦略を考えてみました。若い人の場合、自分たちでリフォームしたい希望や要望もあるようです。ちなみに、コンサルタントの方いわく、自分たちで買い手を見つけてくる売り主もいたようです。中古市場で人気がない物件も数多くありますが、不動産売却は個人でも手がつけられる部類で、例えば、敷地内に息子の家を建てるために土地を広げたいお隣さんがいれば、不動産売却の交渉をしてみましょう。意外にあっさり売買契約ができるかもしれませんから、近所づきあいも役立つものになります。また、自分たちのように、ヴィンテージや自作、日曜大工などが好きで、リフォームもしてみたいニーズで探すのもアリです。

Page Top