前へ
次へ

不動産売却では担当者の考え方も知ろう

相場、適正価格、そうした決定の指針を必要とするのが不動産売却になります。不動産売却を行った知人は、右も左も分からない状態で、相場から外れた値付けをしたようです。その際に、不動産売却のプロとなる担当者が、似通った不動産情報を見せてくれて、この物件より広くて立地も良いのですから、こちらの物件の価格よりは少し高めに設定しても良いかもしれませんといった提案をしてくれたようです。その知人にとって、その情報提供元の不動産価格が相場だったことになります。担当者は単に「その価格では売れない」とは言わず、参考資料で比較させてくれたので、実際の不動産売却時には適正価格で広告を出すことができたようです。また、不動産売却では内覧も在りますから、希望者から少し安くして欲しいとか、この金額なら現金ですぐに払いますといった交渉が持ちかけられます。知人にとっては値引きの承諾なんてできない、そうした意思があったようです。担当者としては、次回、買い手が今後の取引相手になるので、正直ツラい選択だといいます。しかし、不動産売却の依頼であるため、ここは売主の意思が尊重されたようです。

Page Top